【あきらかに見る】
2011/06/15(Wed)
磯釣り入門教室を実施。今年はやけに早い5月からの入梅だ。
でも梅雨も無ければアジサイの色もあせる。そして磯釣りにとって梅雨はまだシーズンなのだ。

真夏の日中の磯は地獄。。。だから夜の釣行とならざるを得ない。
あるいは朝と夕方の涼しい時にだけ竿を出すのだが。。。だから梅雨時期は
夏前のまだ一日竿を出せる季節なのだ。

さて今回は先月インターネットから申し込まれたお客様と二人で磯へ。
朝5時の磯は。。。眠い。
釣行は前日の予定だったのだが、豪雨予想で急遽翌日へ。雨も上がって曇り釣行でラッキー。
しかし湿気が凄い。こんな濃霧の中の磯も久しぶりだが、逆に風がない証拠だよね。

欲を言えばきりがない、そんな変化のある自然の中で楽しませていただくと考えたい。
前日からの南方向のウネリが大きく、いつもの位置では波をかぶる。
一歩下がったお山の上から。。。しかし朝はフグのオンパレード。。。針の交換は15回以上はしたか?
でもフグも確認の意味でも釣らねばならぬ。ちっちゃい口のフグを釣るのも難しいのよ^^

まっ、それでも海は海、いろんな魚がいることはわかっている。
そんな中で「欲張らず、頑張らず、あきらめず」
2時間ほどしてやはりフグの姿が見えなくなってきた。
そしてメジナが小ぶりながら釣れ始める。。。これがとてもいい練習だよね。

「あきらめない」。。。かつてこのブログにも書いたのだが
今使っている「諦めない」は、本来は「明らかに見る」ということらしい。
今目の前にある現実をありのままに見てそれを受け入れる。。。

だがそれがなぜ執着を持った「諦めない」となったのかは・・・ふむふむ。

後ろ髪をひかれ、愚痴を垂れ、自然や人のせいにしてばかりでは
何も進まない。
それはそれで「仕方のない事」と受け入れ、それを目の当たりにして受け入れていければ、
また前へ進めるというもの・・・と。

あきらめないとは。。。「あきらかに見て体験して前へ進む」・・・と納得

今回のお方は、まるでそれを地で言っているかのようなお方で、私も勉強させていただきました。
そんなお方の初の嬉しいメジナ。。。です。

110612mtn

この日6/12の釣果レポートはこちら
この記事のURL |  磯釣り  | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<【世界農業遺産と世界自然遺産】 | メイン | 【宮本常一 没後30周年 東京フォーラム】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/355-b1f89917

| メイン |