【京都で久々に呑んだ顔】
2011/07/26(Tue)
110717OB会

京でなくとも久しぶりに呑みましたね。
自動車通勤がある限り、なかなか呑めないし、温泉へ添乗に出かけても
仕事やもんね。

後輩たちが案内から用意建てまで、すべてを仕切っていただきありがたかったなぁ。
画像は2次会での幹事K君との2ショット。(画像はYさんが撮ってくれました)

でもそんな後輩たちも私と10歳違いでそろそろお年頃^^
昔のとにかく勢いのみならず、他人の話を聞いてくれるようになりました^^
まだ3回ほどしか 会っていないけど・・・

110717OB会02

そして顧問であり私の研究室の教授でもあったH先生。
御年80歳の傘寿です。とってもお元気で羨ましいくらい。
今の私は50肩で夜も痛くてろくろく。。。^^;
米寿まで執筆も頑張ってもらいましょう。。。今後の「経済」のベルリン連載も。

ゼミで山陰へ教授も含めて卒業旅行をした時の逸話。
案内役のガイドさんが、松江城の鬼瓦を指さして何度も鬼瓦と言いながら説明してくれた時
「あの時君らの中から、どっと笑いが出たよね」・・・と先生
「ガイドさんは、皆が何で笑っているのか。。。怪訝な顔しとったよな」とまた先生の言葉。
にこやかに話されていました。

在学時の先生の我々が付けたニックネームは、まさに「鬼瓦」だったのです。
そんなこんな、古い想い出話に花が咲いて、今もとても学生想いの優しい先生なのです。

110717京阪四条駅

現在の京阪四条駅。。。すでに地下に潜られた。
それも駅名は 祇園四条駅。
四条に乗り入れているのは京阪と阪急もある。阪急の駅は四条河原町。だからかつては京阪四条駅。
なるほど、四条にありながらすぐ横は祇園。適格なネーミングです。
五条も 清水五条 ・・・なるほどね これもGood。

この京阪四条駅、かつては駅のすぐ横の踏切はあの大きな四条通りと平面交差だった。
それも機械による遮断機がなかったのだ。。。なんとも秩序ある踏切だったかと今さらながらに思う。

ただ、五条駅と七条駅の名はそのままみたい。
京阪電鉄は私の大阪淀屋橋からの通学電車だった。
その当時今から35年前には、既に5枚扉で閑散時には3枚になる車両も導入されて、
関東の私鉄と比べれば1歩も2歩も先を進んでいた。特急にはテレビカーもあり移りは悪かったが見れた。
終点の京阪駅も鴨川沿いの綺麗な駅で好きだったな。もちろん三条も地下へ。

110717gion04_20110728112908.jpg

東山三条 細い路地に入った東姉小路町の民宿。
暑い盛夏の、今日の民宿の風情。。。打ち水が写真では涼しげです。
この記事のURL |  ひとびと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<【京の朝焼け】 | メイン | 【龍谷ミュージアム 見聞】>>
コメント
-  -
オコゼの上からお酒掛けたらこんな顔になるのかしら…なんてこと考えながら笑ってしまいました^^
久々の楽しいお酒だったようですね♪
いつも聞き役・世話役が多いokozeさんには、ゆったり楽しめた一時だったのでは…
OB会、懐かしい仲間が、先生が…いつまでもお元気な姿でいてくれると、本当に嬉しいものですね^^
2011/07/27 17:16  | URL | niko #zaTBqBzo[ 編集]
- ピッタリでしょ -
オコゼの顔しているよね^^;
本領発揮?違うな、面目躍如?でもないな。。。本性丸出し もっとちがうか^^

同窓会とは違って、年代の異なる連中だけど、全てフラットでね。
変なあつれきやしがらみがないのはとても新鮮で、後輩たちの話を聞いているだけでもおもろかった。

新たな人との出会いはいつも刺激的です。
そんな行動力のある後輩達に。。。ホント感謝だね。
形に拘らず、全てを体験する勇気、いつまでも持ち続けたいね。
2011/07/27 18:41  | URL | okoze #cm2zDcPg[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/361-bc8d9a64

| メイン |