【第2京阪道路】
2011/08/03(Wed)
110718第2京阪道路01

京都から大阪を経由して和歌山方面へ走る。
従来なら京都南ICから乗り、名神豊中ICを出て阪神高速へ行くのだが。。。

今はその混雑する名神や阪神高速を通らずして、全て高速で和歌山まで行ける。
それだけでもストレスは激減だと思ったが、一度は走ってみたかった第二京浜道路。

見る限り、何とも爽快な道路だろう。道路幅も広く交通量も少ない。
上の画像は、京滋バイパスと十字に交わる久御山(くみやま)JCT手前を南向きに撮ったもの。

写真左の緑地帯を見たかった。。。それも大きな理由なのだ。

昭和初期までここは大きな巨椋池(おぐらいけ)だった所。
それを今は埋め立てて農地になっているのだが。。。その歴史を紐解くと、
平安京遷都までさかのぼる。

桓武天皇は三方を山に囲まれた地で、東山は青龍・西山は白虎・北山方向は玄武と捉えて、
中国の風水の考え方を取り入れ、攻められ難い地としたようだが、
私としては「でわ南はあけっぴろげやん」と。。。

桓武天皇は三方ではなく、四方に四神相応の神霊に護られた都としたことは知らずにいたのだ。
その京の南側に位置するのが、この広大な巨椋池(おぐらいけ)であり、
宇治川・桂川・木津川が合流した地点で、ここを「南に朱雀が宿る」とされて、それで四神となる。

だがそんな大きな池は今はないし、従来の国道1号線や鉄道3線は、この巨椋池(おぐらいけ)を避けて
走っていた。大山崎・そして淀の競馬場付近を通ることに集約されていた。
だからこの巨椋池(おぐらいけ)今は広大な農地を、一度たりとも見たことがなかった。

車は京都駅南側の上鳥羽口から間もなく、
第二京阪上から朱雀の居る巨椋池(おぐらいけ)を真南へ突き抜けていたのだ。

110718第2京阪道路02

ゆっくりとかつての巨椋池(おぐらいけ)をイメージしてみたかったが、車は止められない。
そうこうしているうちに巨椋池(おぐらいけ)の南側に位置する久御山(くみやま)JCTだ。

巨椋池(おぐらいけ)の北側に位置する中書島へも何度も行った。
そこには宿場の宿の形を残した古風な下宿があった。そこに親しい学生友達の下宿があった。
そしてその近くにあの寺子屋も。
当時「中書島ってなんで島なん?」とも思ったものだが、そして月桂冠や黄桜で有名な伏見もそのすぐ近く。

寺も神社も見当たらない今の朱雀の地だが、一度そんな空想の中を走って、いや、
三つの河の合流点である商業や交通の要所としての地を、
そしてかつての巨椋池(おぐらいけ)を描きながら、のんびり歩いてみたいと思った。
この記事のURL |  旅 京都 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<【移動か旅なのか】 | メイン | 【カシオペアの旅(お客様画像)】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/364-6e1e482a

| メイン |