【移動か旅なのか】
2011/08/07(Sun)
110804羽田tmn2_02

いつもの羽田空港第2ターミナルの南端。
ここから新たなD滑走路が見える。。。と言うよりD滑走路の橋げた?が見える。

見るからにターミナルがある位置より高い位置にある。
D滑走路に向かって1機がそのスロープを移動していく。
こうして見ると広大でゆとりがある空港に見えるが、航空に乗って窓から見る限り、
他の航空機や車がひっきりなしに右往左往。。。羽と羽がぶつからないか心配にもなる。
管制官もすこぶる大変だと思う。

少なくとも自分で「今日はどの滑走路からどっち向きに飛ぶのか」確認するタイプ。
搭乗ゲートと空港の構図を認識している限り、判断できる。
それがなんの役に立つのか・・・まったく意味はない。
ただ後になって・・・なるほど、と納得する部分があったりもする。

もちろん風向きや騒音、そして離発着の混雑状況や出発のタイミングなどが左右するだろう。
全く同じ便を何度も使っていると、その日の環境までも少しはわかるのだ。
10分前までは南向きに飛んでいたものが、今は北向き。。。そんなこともざらである。

朝早かったので、さっと機内で寝てしまった。
着陸態勢のアナウンスで目が覚める。
寝覚めが良かったのか、窓側のお客に声をかけた。
「私は仕事で出かけるのですか、今日はどちらまで?」
そのお客は気さくに
「夏休みで今日は乗り継いで妻と香港まで。。。」

よくよく聞くと、そのお方も私と同郷でほぼ同い年。
しばらく子供の頃の同郷の思い出話に花が咲いた。
「あのキャンプ場は素晴らしかった。川から水を引いた冷たいプールで泳ぎましたよ」
お互いの共通話題はどこにでもあるが、幼少の頃の共通した体験談ほど楽しいものはない。

ついでにお仕事の話もさせていただくと、そのお方からご名刺もいただいた。
ありがたいかぎりである。

無事航空機は何事もなく着陸して、お別れした。
不安を抱えていてもきりがない。
閉じこもっていてもつまらない。
ほんの少しの時間、旅をイメージして話題を共有できたひと時に満足。
この記事のURL |  旅 航空機 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<【今日は京都五山の送り火】 | メイン | 【第2京阪道路】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/365-48547ace

| メイン |