【50肩。。その後】
2012/01/29(Sun)
110929横浜上空

今朝は最近では珍しく、北風が強く雨戸をガタガタと叩いていた。
子供の頃なら、これがあたりまえの冬。
ビュービューと言う北風の音が懐かしい。

おかげさまで、いろんな皆さんの経験や情報の中で、50肩も次第に収まりつつあります。
50肩は、じっとしていれば何もないのだが、少し肩を動かすだけでも激痛がある。
寝返りを打っても痛みで目が覚める。

10月には収まるかと思ったが、発症した月日が定かではないので、何か月での完治?かはわからない。
完治と言うのか、人の通る道なのか。。。今は7か月ほどでほぼ痛みは半減といったところだろうか。
だが肩は軽く痛みも治まりつつあっても、また違う部位が発症したりもする。今度は肘と腰の筋肉だ。

肘や腰それにの痛みの原因は解っている。それは無理な酷使によるもの。
それもいずれも磯釣りでの事。
肘は強風の中、2号竿を半日振り回した肘、そして何度も水汲みをして左腰後ろの筋肉を急に使ったこと。

子供の頃や若い頃は自然完治。だからいくら無理をしても良かった。
しかし今は。。。「無理は禁物の年頃」なのだ。
歳と一緒に付きあっていく。そして死を織り込んで生きていく。



なぜか多いテレビの言葉は・・・
「寒波が続きます お気を付け下さい」
「インフルエンザが凄い勢い」

それはそれ、流さねばならないニュースだろうが、朝通園して薄着で外遊びをしている園児の姿も。
そこの園長いわく「登園ではインフルエンザは一人も出ていません」と。

私が子供の頃は「子供は風の子 外で遊べ」が口癖のように親から言われた。
でも外でも楽しく友達と遊んでいたものだ。
ひび割れ・あかぎれ・しもやけは当たり前の時代。

あとひとつ、テレビでもラジオでも「ららら 楽ちん〇~い」のCMが耳に付く。

きっと子供は、自分の五感を使って同じ子供たちの中でいろんなものを吸収して、
寒風の中でも自分の身体の免疫力を高めていたのだろう。
人はきっとそんな動物なのではなかろうか。。。と思ってしまう。

メディアにとって特に楽ちんなのは・・・ツイッター
私はツイッターもFBもしていないが、出来れば五感でリアルな自然と付き合っていきたいと思う。

3か月もすれば、季節は必ず移り変わる。
しかし同じ音楽や言葉を、無意味な選挙運動のように何百回と繰り返し聞かされると、
チャンネルを国営放送に変えざるを得ない。
この記事のURL |  ひとびと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<【2012 ちっちゃな旅の物語】 | メイン | 【あたりまえがあたりまえでない】>>
コメント
-  -
昨年11月に小学校の同窓会があり、
40数年ぶりに会った旧友に『短パン』と呼ばれた。
何のことかと考えたら小学校の時はずっと半ズボンだった・・
半ズボンで過ごしていたからか今でも下半身は寒くなく
ズボンの下に防寒着などを穿くことはない。
半ズボンで走り回って、木登りしたり-たまには木から落ちたりして
傷だらけになった筈なのにそんな痕跡は今はなく・・確かに自然完治
というか自然治癒力が養われていたんでしょうね。懐かしい日々。
2012/02/08 18:43  | URL | Kobo #-[ 編集]
- 自然治癒 -
免疫力・抵抗力 それらは持って生まれたものもあるでしょうが、やはり養い培うものでしょうか。

この歳になっても、安易や楽な方に行くのみならず、業に向かう冒険も必要かもですね。

この一年、とことん電気を節約して、寒い電車に乗って、なんとか今も生きていることに、感謝です。

そやけど今。。。風邪ひいてまんねん。
2012/02/11 13:20  | URL | okoze #cm2zDcPg[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/397-c199f4aa

| メイン |