スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【磯釣りと哲学】
2012/04/27(Fri)
120424南伊豆磯釣り02_800

この日はフグばかりだった。二人でハリの交換は20回以上はあっただろう。

「フグばかりで うんざり」という言葉も聞こえるが、
フグを避ける方法も試してみるべき。
(オキアミを小さく着けて、撒き餌のオキアミも小さくする。フグに食べられる確率の問題。)
あるいはフグに鈎を飲み込まれずに釣る方法も。
(目いっぱい大きな鈎にする。当然飲み込まれにくくなる。)

人はすべからく自分勝手だ。
「釣りに来ているのに フグはいやだ」と
「たまにしか来ないのに なんでこんな日に」と

しかし魚の気持ちになれば、それらは全て人間の勝手。
彼ら魚はとことん自然のままで生きているだけ。

釣りに行くなら、「フグでもいいじゃない」
「フグを釣る、フグを避ける方法を、人は考えるものだ」

考えて、体験して、身体に覚え込ませて、インスピレーションやバリエーションを増やす。

でも自然界の魚とて、しっかり保身の技を心得ている。(あえて心なのだ)
そして魚と人との駆け引きの中で、魚が危険をおかすまで辛抱強くねばれるか。。。

「思考」と「言葉」と「行為」を使って釣りをしたいものだ。

言葉は、魚達に語りかける。「そろそろ食ってもいいぞ」とか、
行為は自分の枠を取っ払う行為に挑戦する。「こんなじゃだめだ、と思わず違う事をする。」
思考はインスピレーションを大切にする。「でもそれには、今までの考え方を外してみる」かもね。

きっと釣れない釣りは、ひょっとしたらランナーズハイになれる。。。とも思ってしまう。
ただし、めげずにチャレンジをあきらめないこと。

120424南伊豆磯釣り01_800

この日の私達の釣果はこちら
この記事のURL |  未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<【遊びは悪?】 | メイン | 【危険とは】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/415-677caed5

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。