【房総の磯】

120506房総勝浦01

房総の磯は良く知らない。なので少し下見へ。
この画像は沖磯を遠景で撮ってみた↓。。。が

120506房総勝浦02

渡船代払ってまで、この磯には乗りたくはないなぁ。
画像を撮ったこのへさきにも、地磯釣行か、ウェーダーとチャランボ持参の釣り人がいらした。

あいにく5/6は、北関東で大きな竜巻が発生した日。
寒気流入の影響で、上昇気流とともに海も荒れ、風も強かった。

もちろん地磯も大サラシで、波しぶきを被る覚悟なら磯釣りもできたが。。。
その根性はない。

もっぱら港や港の小場所を狙って。。。
竿を出したり何度か餌を撒いたりしてみたが、フグの猛攻は収まらない。

120506南房総01_900

そこでメジナ場らしき、潮が澄んで岩礁帯のある港を発見。
案の定フグ君は控えめで、木っ端メジナが湧いてくる。
ポツポツと足裏サイズも見え隠れしながら遊べた。

さてこの日はスーパー満月の日。
確かに大きくて明るかったね。
そんな大きな月が登る夕間詰に、良型のアジが5枚ほど食ってきたのも印象深かった。

ほんとに小場所なのだが、潮と時間を狙えば。。。楽しいかも。
もちろん1.5時間ほどの雷雲を避け、車での仮眠も助かった。
小場所ならでわの便利さも良いよね。

下記の画像はスーパームーンではなく、小場所からの夕景。
上昇気流の嵐のち。。。晴れ。

120506房総白浜01

(この日の私達の釣果はこちらへ)

コメント

ヒデキ

房総
内房と外房でまた全然違うんですよね。
僕は伊豆に通う前に通ったんで違和感無かったですけど、伊豆に慣れた人にはちょっと厳しいと思います(^_^)ゞ

okoze

違和感ね
そうかもね。
ただ、この時化で、ここへ。。。と思ったんよ^^

張っていると、スプールからバチバチとラインが出ていく。。。楽しいね
小場所のキンタと呼んで^^

niko

sport fishing
私には釣りのことはよく分かりませんが、この沖磯で釣りをするには
よっぽどコンディションを整えて根性持っていかないと大変そう^^;
逃げ場のないところって怖い気がしますが…。
釣りって一種のスポーツなんですかね?

okoze

スポーツというより
ワテにとっては、
弁当広げる場所
昼寝する場所
憩いの場所なんやけどなぁ
非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索