【夏の空】

120801air01_900

梅雨明け1週間。。。そんな言葉もここ数年は経験していない。
この日はすでに梅雨明けから2週間は経っていた。ようやく夏らしい空だ。

子供の頃のあの清々しい夏空の感覚が蘇る。
(清々しさの半分は、長い夏休みに入ったことの気分も大きい)



120801air03_900

蒸し暑く湿気が多い夏なのに、なぜか突き抜けるようなブルーの空と夏の真っ白な雲の輝き。
そんな空と雲を久々にみたような気がした。

この日は南の台風のおかげで、そこそこ風があったことも大きく影響していたのだろう。



120801air02_900

それも八ヶ岳からその向こうには乗鞍から北アルプスを望む。



120801air04_900

ついでに頂上もお釜も。

夏の空から地上を見ても、やはり透明感はあった。
冬のそれとは異なっていても、地上は夏休みと思うと、冬よりなぜか明るい気がした。

コメント

非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索