スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【今年の夏こそ】
2012/08/14(Tue)
120801羽田01

ロンドンオリンピックから・・・いろいろと与えてもらった。

原爆投下から・・・67年目だが、今となれば私の生まれるたかだか9年前のこと。

終戦記念日から・・・敗戦記念日とは言わないな。

命日・・・夏はなぜか明るさと辛さが混じる そんな季節。

お盆・・・年に一度の怪しい夜。

東北震災から・・・1年と半年。この夏こそ変わらねばならないのに。

takeshi school

この画像のみなさんが18歳なら 時は1938年。この3年後にはパールハーバーだ。
ほとんどの方が召集され南方へ満州へ。。。だがその友の詳細は父の口からは出てこなかった。

父は祝日には国旗を掲げ、靖国にも出向いていた。

だがそれは、個の若き日を生きた証であったのだろう。
けっしてこの国の誤った戦争を、賛美したり懐かしんだりするものではなかった。
そこには戦時の身近な友や知人に対する人間味溢れる思いやりだったかと。。。

社会とは、この理想や思いとは異なる方向へ行かざるをえないのか。
個が形成する社会ほど理不尽で不合理であることを再認識もするのだが、
真実はなんなのか。。。そろそろ目を覚ましたい。

ロンドンでのチームは日本の他を敵対視しない特質と協調性と、
そして個の意思の強さを見せつけてくれた。

昨年の3.11はそんな日本のロンドンに何かを与えたはずだと思う。

自然の災害と核の過ちという如実知見を肝に銘じ、貴重な先人の五感と体感を活かしたいものだ。
この記事のURL |  ひとびと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<【節電は?】 | メイン | 【夏の空】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/431-5f651149

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。