【潮湯治体験版】

120906潮湯治01

伊豆でアテンドの翌日、脚を伸ばして潮湯治。
この画像。。。上のタイトル画像と同じ浜。

まだ残暑厳しい日中に、海水温が26℃である時を狙って。。。
ただ海水に浸けるだけではつまらないので、
岩礁帯をぐるっとひとまわりシュノーケリング。

間近まで行っても逃げないのがボラ。
サンノジも相変わらず多い。
そんな中でヒラスズキらしき群れもいた。
そして用心深くて臆病なクロダイ・・・ムフフだね。

もちろん小魚の群れも楽しかったが、やはりリアルに海中の魚を見ると楽しくなってしまう。
それもいっぱい居たから。

120906潮湯治02

背中のかゆみは潮漬けと赤外線の恩恵で、すっかり快調になった。
もちろん火傷まではいかない程度に、30分ほど焼いては海へ浸ける。

キャンプ用の簡易ベッドはこんな時役に立つ。
年に一度使うか使わないかのキャンプ用ベッドだが、
8月も過ぎ、すでに誰もいないこんな浜での昼寝には、快適。
とても解放的だ。

もちろん夕刻に2時間ほど竿も出す。
目で見たあの魚体をイメージしながら。。。
だが、それ以上の大物が2度、ドラグを鳴らしながらハリスを切っていってしまった。

コメント

非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索