【遊んでもらった海で遊ぶ その②】

121016りんくう公園シンボル緑地

大阪府が管理している府立の公園。
スターゲートホテルやワシントンホテルから徒歩5分程度にある。
人工的に作られた公園だが、四季の泉と言われるモニュメンともあれば、石舞台も。
ちょっとしたコンサートも出来ますね。それに内海。。。そこにはかつての砂地もあれば、
内海を覗くと数々の魚もいた。
そして外海、その向いは海上空港・・・だから期待感も充分なのだ。


121016りんくう公園テトラ

海岸線に沿ってテトラが入っている。
このポイントも魅力たっぷり。


121016マーブルビーチ突堤01

数百メートルのテトラの切れ目の小さな堤防へ入る。
お客様が私を撮ってくれた。
水深は、あっても3.5m程度
だが予想通り、足元のフグの猛攻が続く。それも5cmほどのクサフグ。

しかしあきらめずに約1時間、フグに餌を与えフグと戯れる。
1.5時間は経っただろうか。。。今まで違う引きの魚


121016マーブルビーチ突堤04

小アジだ。
そしてフグも満腹したか、その姿も消えつつある。。。ムムム

数匹の小アジを掛けたあと。。。


121016マーブルビーチ突堤02

いきなり道糸がひったくられた。。。デカい
秋のチヌ そのパワーを存分に発揮しているのだろうか。
あるいは巨ボラ?
だが感触としてはチヌ。。。小さなケーソンの淵で突っ込まれる。


121016マーブルビーチ突堤03

この画像でわかるだろうか?
水面すぐ下にかすかにチヌの姿が・・・・
しばらくしてケーソンのすぐ向こうで浮かせた。

やはり。。。チヌ。。。嬉しい

だがその直後 鈎外れ・・・・

昔、親父と一緒に何度も投げ釣りをした海。
まさにその海でその場所で。。。「おとうちゃん 釣ったでーー」やね。
昔はガッチョとキスとフグとカレイ。。。釣れてもその程度だった。
当時の餌はゴカイとイッチョセしかなかったのだ。もちろんオキアミなどはない。

親父とて子の私に釣らせたかった以上に、自分も釣りたかったはず。
家から歩いてすぐの浜辺で、親父が夢中になれたこと。。。でもきっと楽しかったはず。

だが、こんな大きなチヌを、今思えば親父に釣らせたかったなぁ。

コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索