【温泉結婚披露宴 会津若松 その2】

121124温泉結婚披露宴04

会津若松市内の蚕養国(こがいくに)神社での挙式も慣行。

ここは私自身も初めてお邪魔する神社。

こちらを選んだ理由は、神社の入口から境内まで平坦であったから。

式が終わって外へ出ると、それまでの雨も上がって。。。みなさんでお迎え。

社殿も社内建物も見事な神社で、快く挙式を執り行わせていただき、蚕養の神様に感謝。




121124温泉結婚披露宴01

黄色いもみじの落葉が綺麗で、そんな赤い毛氈ならぬもみじ舞台で記念写真も。




121124温泉結婚披露宴03

会津東山温泉「瀧の湯」へ戻り さぁ披露宴、というか大宴会。

硬い礼服やドレスではなく、みなさんほとんど浴衣。

それが温泉結婚披露宴の一番の特徴なのです。

そしていくら飲んだくれても、あとは・・・寝るだけ。



121124温泉結婚披露宴03

老いも若きもかなり盛り上がっていただけました。

今まで親類縁者の方でも、舞台までは上がらなかった方が、このように・・・

温泉披露宴ならでわのリラックス感でしょうか、親族の方々の繋がりもさらに深まったことでしょう。

幼いころから大勢の親戚の中で育ってこられた新郎新婦も、そんな姿にびっくりされていたようです。

こんな広間でのみなさん車座になれるから、いつもにはない、みなさんの新たなお顔が垣間見れますね。

さてお二人様、NYで風邪など引かずお元気にされているでしょうか。

あらためておめでとうございます。また大変お疲れ様でした。

新郎新婦も素敵でしたが、でもお母さんもたけちゃんも最高!!

コメント

カメラマン

良いお式でしたね
朝から小雨まじりのお天気でしたが、蚕養様の祝福でお式の時は雨上がりましたねv-279e-63v-277
黄色いモミジの絨毯が花嫁さんの美しさに色を添えて…v-34
私は温泉披露宴初めてですが、皆さん本当に楽しんでいらっしゃいましたねv-275
おかげさまで私も沢山シャッターを切らせていただきました。
特にたけ子さんは、激写させていただきましたよ~v-212

最近の若い方の結婚披露宴は、結婚式場の乗せ方が上手いのかご本人達の希望なのか、
新郎新婦のパフォーマンスがメインで若い人には楽しくても、おじさんおばさんの世代には
ちょっときついモノがあるなぁ…と感じています。
だけど、今回の宴は祝福と感謝があふれていてとても暖かい宴でした。
次の日の二日酔いがちょっと心配ですけどね(笑)

okoze

お疲れ様でした
またありがとうございました。
私も晴れの日には、「おもてなし」が一番かと思います。
「表も裏もなし」がその語源とすれば、やはり型どおりの披露宴より
みなさんがありのままの姿で楽しんでおられたなら、
それ自体がおもてなしだったのかと・・・勝手に思っています。
非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索