【5才の頃】

130715陶芸01

お客様と一緒に中伊豆天城の陶芸教室へ。

なんとも飲み辛いカップ?

いやいや、カップと決めつけるのは大人の観念。

ハート装飾が付けられたのは、粘土が余っていたから。。。だそうで、

作者は心の赴くままに見事に器を完成させた。

130714伊東01

その作者がこのお方。

三社祭が大好きで、

本物の拍子木を、リズムを外さずしっかりと打ち鳴らす。

その彼は、今5才。ほとんど無駄口は叩かない。

彼ならきっと、独創的な陶芸も作り上げるだろう。。。と

私の期待通りにわき目もふらず作ってくれた。。。嬉しいね

陶芸の先生も「す・す・すごいわ この子」と

130715沼津01

そのご褒美に、巨大鰻丼。。。も堪能していただいて、

左にある1人前と比べたら迫力ある大皿。

5才の興味は尽きない。やれば何でもできるし、彼の感性がありのままに出る。

でももっと子供同士でいっぱい遊んで、泣かされもして来いと

言うときました。

彼のおじいちゃんがバスの中で、

「あれ、小学生になったら夏休みの自由研究宿題に出せるな」と。。

しかしそれが「大人の打算」だねと。。。ただ孫が可愛いのは、

他人の私でも充分わかる。


天城陶芸教室と巨大鰻丼は、私もお勧めします。
ポートサイドツーリストまでお問い合わせください。

コメント

非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索