【長野 宿場町 海野宿】

130903海野宿02

9月に入って長野の宿場町、まずは海野宿へ。
中山道と言いたいところだが、厳密には北国街道のほぼ終点で、
少し行けば中山道だ。

ゲリラ豪雨が心配されたがなんとかかわして、
雨上りの宿場も空も清々しかった。

130903海野宿01

海野宿保存会は石和会長の温和で聞きやすい案内で。。。
石和会長のご実家は宿場街の中に現存する。
そこで生活をされている方の生のお話は、聞くに値するが、
会長のリアリティ溢れる語り口は、穏やかで体験から来るやさしさもあった。

130903海野宿03

海野宿は袖うだつでも有名だが、独自の海野格子も見るものがあった。
元は名手海野氏の集落だったが、今はひとりも残っていないらしく海野姓の方はいないらしい。

東御市の海野宿は派手に観光化されていない素朴な宿場。
そんな意味ではこのままの姿で残って欲しいと思った。
宿場の中の民宿は1件、現在建築中です。

コメント

非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索