【中山道木曽路 馬籠宿】

130904馬籠宿04

小さい自分の背中より大きなカバン。
いつもそれをしょってらっしゃるのは、田島佳也教授。

坂道にある馬籠宿の中でも上の方にある、人の良さそうなおやき屋さんの奥さんと。
先生の専門は日本経済史。
中世も現代も、こんな気の優しい女性達が商売を支えてきたのだろう。


130904馬籠宿03

坂道にある宿場だけに、空が広い。

130904馬籠宿02

街道沿いにあった常夜灯のなごり。やや古いかつての土台だけが残っていた。

コメント

非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索