【寒い時は外で鬼ごっこ】
2013/12/12(Thu)
131209鬼ごっこ01

鬼ごっこと言えば子供の遊び・・・と思いがち。
私とて子供の頃は「子供は風の子 外で遊びなさい」とよく言われたものだ。

そんな子供の頃の外での体験が、今となっては自己形成にいろいろ繋がってくる。
子供の遊びかもしれないが、子供の時は子供同士で遊ぶのが一番だと。
子供同士は、とても対等なのだ。

ハラハラドキドキしながらも、夢中で相手陣地の宝物を取りに行く。
陣取り合戦でもあるのだが、捉まえる、逃げる、そしてチームワークを使う。
単純なゲームの中で、人間関係の構築が凝縮されているのだと感じる。

131209鬼ごっこ02

画像の中の左の小さな子は、敵の目をかいくぐって、今まさに相手の宝物が目の前にある。
「やったぁ これで取れる」・・・満面の笑みの嬉しい瞬間。
だが、一瞬先に相手チームに自陣の宝を取られてしまった直後だった。

得点にはならないが、嬉しい気持ちはいずれ悔しい気持ちに変わって欲しいと思う。
何もかも忘れて 夢中になって遊べる それが子供達の素晴らしいところだと痛感する。

(スポーツ鬼ごっこのHPは http://www.onigokko.or.jp/)
この記事のURL |  ひとびと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<【生き物】 | メイン | 【いつのまに・・・】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/487-f6556ed8

| メイン |