【近江の旅 その2】



東近江市 五個荘 金堂 地区
かつてのままに残されている船板塀。
関西ではまだ焼き板塀も多く、少し古い木造建築に焼き板はごく当たり前のように見られる。
でもここは丈夫で分厚い船板を上手く利用していた。
廃物有効利用・質素・倹約に一役かな? でも重厚感があるね。


140909gokasho12c_2.jpg

茅葺屋根ではなく、葦葺き屋根でもなく、葦葺き屋根。
葦は、「あし」とも言うが「よし」とも言う。
もちろんここは琵琶湖の浜がある。
その浜の「あし」より「よし」のほうがもちろん聞こえが良い。

そして魔除けのアワビをあしらって・・・海水の海まで20里以上はあるはず。
大きい貝ほど見栄は張れるのか。。。だがこの地域は、そんな見栄は極力目立たなかった。
この屋根の家も、ごく普通の民家らしく、自然に寄り添ったたたずまいの町の民家。


140909gokasho03.jpg

近江商人旧宅の2階から見た、町の屋根風情。


140909gokasho02.jpg

こんな町の中にいくつも点在するお寺さんのひとつ。
本殿の右にあるのは・・・懐かしい山車小屋か・・・とても綺麗に今も使われているようだ。


140909gokasho07.jpg

この地区の3箇所の旧宅へお邪魔してみた。

コメント

非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索