【さくら咲いた・・・が】
2015/04/09(Thu)


昨日は桜の上に雪という寒さだったが、20℃以上の暖かさから一気に2℃へ。
そんな日も我慢して寒気が過ぎ去るのを待つしかない。

さて戦後70年。
戦後10年目に生まれた私にとっては、うっすらと戦争の匂いの記憶はある。
親父も戦争に行った人間だが、そんな人々がこの国を支えてきたのは確かだ。
だが70年の間に何が変わって何が変わっていないのか。

私が子供の頃は昭和天皇と皇太子。
その皇太子が今は天皇。
あまりにも遠い存在の人物だったが、
今回のパラオ訪問で、私にとってはとても身近で親しみのあるあたたかい人物に確実に変化している。
日本人の心のよりどころとなるにふさわしい人々。

自分も歳を取って、保守的な考え方に傾いてきたのだろうかとさえ思うこの頃。
だが天皇の行動や言動がひときわ私の心に響いたのは、今の日本の危機感の存在だ。

日本を愛し人民をいたわり、世界の平和とその地の人々に寄り添える寛容な人。
そんな人の元で日本の民主主義は進化してきたのだろうか。
「やられればやり返す」・・・今のリーダーにありがちな本音が何をもたらすか・・・
その資質は日本の天皇の言葉とは反対に、「国民の平和と発展」という言葉の裏に、
とてもむなしく危険な行為でありいつか来た道と感じざるを得ないのは、
私だけではないと信じたい。

大音量で流れる選挙カー。。。名の連呼のみではなく
「今のあなた」を「あなたという人」をスピーカーから流してもらいたいものだ。
この記事のURL |  社会諸物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<【潮干狩りの季節】 | メイン | 【さくら盆栽】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/520-8cd198be

| メイン |