スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダーラウィーク スケジュール

タフティ・バーイ山岳寺院

しなびたオヤジです

パキスタン
ガンダーラウィーク
スケジュール&プログラム


2006.04.22(土)
《初日》
成田空港       09:00集合
             11:00発 
             (TG641)
バンコク空港着    15:30着
             (乗継)
バンコク空港発    19:20発 
             (TG509)
イスラマバード空港着 22:30着
(日本とタイの時差2時間遅れ、パキスタンは4時間遅れ)

イスラマバード空港到着後、入国管理・税関を済ませワゴン車でイスラマバードマリオットへ。
ホテルまで約30分強。

《2日目》4/23
ホテルにて朝食
ホテルからマイクロバスでタキシラ(Taxila)遺跡巡りへ
09:00ホテル発
タキシラまで約1時間
 * 途中、旧G・T・R(アジアロード)へ立ち寄り
 * ジョーリアン ストゥーパ(Jaulian Stupa)仏塔・僧院
 * モラモラドゥ ストゥーパ(Mohra Moradu Stupa)仏塔・僧院
 * タキシラPTDCモーテルで昼食
 * タキシラ博物館(Taxila Museum)
 * ダルマラージカ ストゥーパ(Dharumarajika Stupa)仏塔・僧院
 * シルカップシティ(Sircap city)古代都市遺跡
イスラマバードマリオットホテル19時頃帰着後ホテルにて夕食

《3日目》4/24
ホテルにて朝食
午前中マリオットで「ガンダーラウィーク」オープニングセレモニー
会場で昼食後マイクロバスにて市内観光(各所要10分~20分)
 * ファイサルモスク(Faisal Mosque)イスラム寺院
 * 国立民族歴史博物館(Heritage Museum)
イスラマバード市内を見下ろす小高い山のビューポイント
イスラマバードの夜景が綺麗なレストラン(Daman-e-Kah)にて夕食 
イスラマバードマリオットホテル21時頃帰着

《4日目》4/25
ホテルにて朝食
08:00ホテル出発、サイドシャリフ(Saidu Sharif)へ。
参加者約40名(7カ国)、関係者約10数名がマイクロバス4台+乗用車にて移動
 * 再びタキシラにてジョーリアン、シルカップ、そしてタキシラ博物館を見学
 * タキシラ博物館にて昼食 
 * シャーバズガリ遺跡(Shahbas Garhi) アショーカ王の勅詔を彫ったもの
 * マラカンド(Malakand)峠を越え、チャクダラ(Chakdara)のPTDCモーテルにて休憩
 * そしてスワット(Swat)地区のサイドシャリフへ一気に走る
我々とシンガポールの人達は、ホテル ロックシティ リゾート(Rockcity Resort)へ泊
夕食もホテルにて・・・だが到着はすでに20時を回っていた。

《5日目》4/26
ホテルにて朝食
08:30ホテル発
 * ブトカラ1 ストゥーパ(Butkara Sits)仏塔・僧院 
 * サイドシャリフにあるスワット博物館(Swat Museum) 
 * PAITHOM(観光養成学校)にて昼食
 * シャコーライの磨崖仏(Jahanabadにある)
 * 一部の人達はミンゴラバザール(Mingora)
 * サイドシャリフのPTDCガーデンにて夕食
ホテル ロックシティ リゾート(Rockcity Resort)着は22時を過ぎていた。

《6日目》4/27
ホテルにて朝食
07:00ホテル発
 * ガーリガイの磨崖仏
 * シャンガルダール ストゥーパ(Shingardhar Stupa)
 * ディール博物館(Chakdaraにある)
 * タフティ・バーイにて昼食 
 * タフティ・バーイ山岳寺院(Takht Bahi) 
 * ペシャワール博物館(Peshawar Museum)
パール コンチネンタル ペシャワール(Pearl Continental Peshawar)着
夕食はペシャワール城内のガバナーズ ハウス(Govarnor's house)で、民族舞踊、楽隊付き
ホテル着21:30

《7日目》4/28
ホテルにて朝食
08:20ホテル発
 * ペシャワール郊外のジャムルード駅へバスにて移動
 * 蒸気機関車にてカイバル(ハイバル)峠へ(Khyber Pass) (一部バス移動)
 * 途中シャゲイ駅にて20分ほど休憩
 * 機関車終点はランリ・コタール駅、
  そこからバスにてカイバル峠ビューポイント
 * カイバル リフレ メス(Khyber Rifles Mess)にて民族舞踊と昼食
その後ペシャワールを経由して、イスラマバードへ戻る
イスラマバード マリオット19時頃帰着

《8日目》4/29
ホテルにて朝食
 * ホテルにてガンダーラウィーク閉会式
午後PK国内線にてラホール(Lahore)へ移動
ラホール到着後ホテルへ
パール コンチネンタル ラホール(Pearl Continental Lahore)にて夕食

《9日目》4/30
ホテルにて朝食
ホテル発
 * ラホール博物館(Lahore Museum)
 * ラホール市内にて昼食(Villege)
 * ラホール
18時ホテルチェックアウト後夕食へ
夕食後 ラホール空港へ

ラホール空港     22:00集合
            23:50発 
            (TG506)
《10日目》
バンコク空港着    06:20着
            (乗継)
バンコク空港初    07:30発 
            (TG676)
成田空港着      15:40着

060430ラホール美術館「苦行仏」

Comments - 7

夢見るセブン

タヒティバイ

オコゼ博士
ハードなスケジュールですねぇ
しかし、パキスタンの表記は判りづらいですねぇ
天空の僧院は、タフテ・バイ、タクティ・バハイ、タフティ・バイとも書かれていますね。
最後の写真は、日本でも展示された「苦行する仏陀」ですねi-199 すごい!

2006-05-08 (Mon) 14:27 | EDIT | REPLY |   

しなびたオヤジ

日本語が

また発音が大変ですね。
「タフテ・バイ」が現地ガイド発音に対して、私の耳に残った発音でしょうか。でも人の聞き伝えで、何百年も言い伝えられると、膨大な伝言ゲームですね。
確かにハードでしたが・・・私より年上の方が私よりお元気だったのは、
私のする磯釣りと、まったく同じなのかもしれませんね^^



2006-05-08 (Mon) 14:43 | EDIT | REPLY |   

元気なカサゴ

確かに現地名の撥音は難しいですね。タヒティ・バイよりタフティ・バーイ、ジュリアンよりもジョーリアンの方が日本では通っていますね。
それにしても“近ごろの若い者”は、直ぐに疲れて
休んだり、もっと元気出しましょう!2時間くらい何とも思わないガンダーラ時間で図太く生きましょう!

2006-07-16 (Sun) 16:12 | EDIT | REPLY |   

しなびたオヤジ

ようこそ!

元気なカサゴさん、お初でございます^^
ほんとガンダーラ時間ですね。
あの時間感覚は日本人にはあまりにも悠長で、
気短人間には良い薬かもしれません・・・(笑)
ただ告別式での時間の制約は、なんとも不思議な感覚です。
いずれにしても、海外での時間の流れは
日本という個体民族には、違空間なんでしょうね。
固定された思考ではありえないところが、面白い!^^

2006-07-18 (Tue) 10:23 | EDIT | REPLY |   

しなびたオヤジ

忘れてました^^

発音のご指摘、ありがとうございます^^

2006-07-18 (Tue) 14:03 | EDIT | REPLY |   

夢見るセブン

祝!

本が出ましたネ!
おめでとうございます。
でも、時期が悪かったですね
ムムムム…。

2007-08-06 (Mon) 16:22 | EDIT | REPLY |   

しなびたオコゼ

良くご存知で・・・(笑)

私の本でも何でもありませんが・・・^^
でもパキスタンもガンダーラも、そんなガイドブックがある方が良いですね。
それに、元気なカサゴさんの解説もありがたいです。そんな仏像美術に関わる歴史的背景や解説があるとないとでは、旅の楽しさも大きく違ってきますよね。
わざわざ、身内の慰めあい、有難うございます(笑)
ただ、日本とて、もっと怖い地震国ですから・・・^^;
やはり無我・無常の中の自然でしょうかね。

2007-08-06 (Mon) 17:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。