スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【働き方改革】
2017/07/20(Thu)
170713mnb07_1200.jpg

紀州の海は男性的な海だと思う。
それは若い頃に何度となく見て、青い黒潮をイメージさせ、そんな中にも岩に砕ける真っ白な波が対照的で、背後の山には、神や仏がたたずむとされる山深い紀伊山地が間近に迫っているからだ。

仏とは真言高野山、神とは八咫烏の熊野三山、そして修験者道場の大峰山。
いずれも険しい山中だが、そこから流れ出る清らかな水は、この海へ注がれる。

人々の在り方、人々の利他行の大切さ、そして人も自然も生き物もすべては共存する宇宙観。

しかしながら「働き方改革」とは・・・
労働時間の改革など外形的な施策より、根本的な問題を見過ごしてはいないだろうか。

いかに職場で働きやすい環境を整えるか。
どれだけ自由な発想を持って、各個がオリジナリティを発揮できる職場であるか。
言うには易しなのはもちろんわかる。だが現実には残業をしないほど残業手当が出る会社もある。
その会社は、各自の労働意欲や集中力を高め、やる気を出させ、そして業績も上げている。
その会社のリーダーが思い切った改革をした結果であった。

東芝、シャープ、そしてタカタの失速は、今の日本の働き方に問題はなかっただろうか。
ひいてはこの国や会社のリーダー達に慢心やおごりはなかっただろうか。

情報公開も、オープンな議論も、ほとんど隠蔽して記憶にない。
それは政治の話だから、別問題だ・・・とは思えないのだ。
国民は監視・盗聴・取調べられ、閣僚はすべて自分たちの都合で何も明らかにならないのは、
本末転倒ではないか。

会社は社員のため、政治は国民のための組織であってほしい。
自己の友達や、自己の名誉や、自己の権力を私利私欲に使っているかのような日本という会社は、
世界から見てどのように映っているか。

その人間が
どういう思想を
持つかで
その地域の
風景が
決まって
くる
(日本中を歩き回った、ある民俗学者の言葉)

その思想とは、「やられたら、やり返せ」という考え方であり、
多様な意見や考え方を排除して、国民を一律に管理する思想のことだ。
怖いよ・・・「日本も核武装すべき」とね。
この記事のURL |  社会諸物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 【五月の海】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/545-a607dd80

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。