初めての地パキスタン

イスラマバード空港へ到着

バンコクでのトランジットも無事に終え、また5時間ほどのフライトへ機中で備える。その時点で日本から乗り継いだ人達は、すでに日本時間では21:30。旅の疲れもあり眠くなる頃なのだが、周りは体格のでかいパキスタン人が多い。それに加えて声も大きかければ、さらにじっとしていない。挙句の果てには携帯電話も・・・そうなるとTGのクルー達からも次第に笑顔が消えていく。イスラマバード着は日本時間で言えば午前2時30分なのだ。座席はほぼ満席、尻も痛ければ、立ち話の声で耳も痛い。
少しは寝たのか、大人しく座りっぱなしのフライトは予定通りパキスタンの首都イスラマバードへ到着。

いよいよ初めての地へのんびりと降り立った。なぜなら慣れていないから(笑) でも様子が違う。どの国のイミグレーション(出入国管理)でも緊張感はあるのだが、ましてやイスラムの国、そんな空気を察しながらも進んで行くと、なんと肩透かし。それは我々が政府イベントへの参加者であるという配慮がありありと見て取れた。そして税関も・・・係員の誘導でスルーしてしまったのだ。それも制服組の係員の誘導というより、あのパジャマのような民族衣装?姿のおっちゃんが出てきて、「こっちへ来い」と手招き・・・

そして待合室へ出たとたんバラの花輪の歓迎を受けることとなる。
バラの首飾り


★★ ガンダーラ ウィーク スケジュール ★★

コメント

niko

異国の匂いは?
飛行機の中で携帯電話ですか?
やっぱり「マイペンライ」なのかしら(笑)

異国の地は、やはり空気も、その臭いも日本とは違うのでしょうねぇ?

しなびたオコゼ

異国はミステリアス
それが楽しみで旅に出るといってもいいのかも。
日本でも沖縄の人が北海道へ行っても、全く違うのだろうけど、でも日本はあまりにも整いすぎている・・・といっても言い過ぎではないのかもよ。
もちろんそこには日本国民という統率性の取れた平和な人達がいるわけで・・・
こんなこと言ったら大変なことになるかもしれませんが、携帯電話を使った為に、航空機に障害が起きた、あるいは飛べなくなった、そんなことが実際にあるのでしょうか・・・

農馬車

憧れの地!
政府ご招待のステキな旅行だったのですね!
世間の人にとっては「憧れのハワイ航路」だったりしますが(古!)私にとっては「憧れのパキスタン路」です。

子どもが手を離れたら絶対に行きます!!
…当分先の話ですが(苦笑)

しなびたオコゼ

古いですねぇ
v-520
憧れの・・・ですか?!
でもまだお子様から手が離れない?
いえいえ、きっと今頃は悠々自適に・・・
ワテも早くそうなりたいと思います。
ただ、なんぼお金があっても、時間と勇気がなければ、そのお金も使えない時って、ありまんな。
さてさて、そんなしがらみをどうやって、自分なりにこなしていくか・・・いつまで経っても、悩みます^^
非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索