イスラマバード マリオット①


1947年インドはまだイギリス領であった。その年にインドは独立、そしてヒンドゥー教国のインドとイスラム教国のパキスタンは袖を分つ事になる。
かつての東パキスタンは今はバングラデシュとなり、西パキスタンが今のパキスタンである。
人口約1億5千万人強国土面積も日本のほぼ2倍。人種としては4つの人種がいるようだが、歴史・民族・宗教政治ともまだまだ私にはよく解らないことが多いが国教がイスラム教であることに間違いはない。そんなイスラムの習慣もパキスタンならではの特徴も垣間見れるであろうか。
主だったところは英語が使える言語は本来ウルドゥ語であるのだが、希望すれば英語の習得も学校で可能なのだ。

さていきなり花の首飾りで出迎えられた我々は、一路ワゴン車で30分程のイスラマバード マリオツトへ。
だが空港で見かける人はほとんどが男性(レイを首に掛けて頂いたのは、確かPTDCの綺麗な女性)、そして走る車もハイスピードである。そんな中でも道路がヘッドライトに照らされて光っている。そう、見る限りツルツル道路でもあるのだ。乗っているのは日本車であっただろうが、そのスピードと運転技術と、そしてツルツル道路に、私はとても興味を惹かれてしまった。後にドライバー技法について述べる事にするが、夜のラワルピンディの空気はバンコクとは違って、乾いていて心地良い。ホテルへは約30分で到着。
マリオットの部屋 PCとプラズマ

合計4泊したイスラマバード マリオット。とても心地良く過ごさせて頂きました。イスラマバードではセレナ(SERENA)ホテルと並んで5つ星なのである。フロントでチェックインの際もフレッシュジュースを持ってきてくれたり、そのすぐ横にはコーヒーとティーのセルフサービスもある。3階の303号室へ案内されるがもちろんこの国はチップ制です。とりあえず1ドル。だが市内物価は安い。それはホテルレートと庶民レートといってもいいかも知れない。
さて部屋には大きなプラズマとMyPCに驚くと同時に嬉しくもなる。プラズマはまさか日本語では見れないが、PC端末は自分のページもブログも見る事が出来たのだ。1時間180ルピー。ただミニマム設定もあるので、繋いだだけで180ルピーではない。これもホテルレートだが、遠慮なく使ってみた。(現在100ルピーは約200円)
このホテルでの基本的なサービス フルーツバスケット

ホテルのフルーツバスケットも基本サービス。そして空調調節をして眠ってしまった。この5月6月はパキスタンにおいてはも最も暑い夏。そして7月8月は雨期を迎える(5-9月までが夏)。案外とモンスーン気候の影響はあっても、四季がはっきりとしているらしい。でもこの時期でも夜はクーラーは要らなかった。(冬は12月-2月、日中の気温もここ首都では20度程度)
部屋からのロケーション

そして朝の景色だが、やはりぐっすりとは眠れなかった。4回ほど目が覚めたであろうか、やはり歳だね。朝はたいがい曇りが多い。でも7時頃になるとズバリ快晴・・・というより暑そう^^ 山並みも綺麗で、鳥も多い(カラスも)。だかそのホテルの入り口はやはり厳重な警備があった。それは後述するが、なんでも慣れれば、極々当たり前の日常光景となる
ホテルへの乗り入れはここで厳重にチェック


★★ ガンダーラ ウィーク スケジュール ★★

コメント

niko

下の写真2枚は、ホテルの部屋からのものですか?
やっぱりイギリス領だったというのがわかるような気がする…

しなびたオコゼ

イギリス統治
v-208
紀元前(BC)5世紀から紀元後(AD)5世紀という時代は、この旅の一つのポイントかもしれない。

紀元前にはアレキサンダー王が通り、そしてAD8世紀にはアラブのモハメッド・カシム氏らによるイスラムの定着がなされたようですね。

ただイギリス国がここを統治したのはAD18世紀から約200年のようで、さすがにホテルもその影響の色は濃く反映されています。
私もこのホテル、大好きになりました^^

博多の貴公子

日中20度は過ごしやすい気候だよね
管理がいき届いた綺麗なホテルじゃ
酒は呑めた?

しなびたオコゼ

そう管理は行き届いて・・
v-208
それは人件費も惜しみなく・・・あらゆるスペースでスタッフに遭遇することでも良く解る。エレベーターホール、そしてプールサイドや廊下でも。もっといろんな要求をしても良かったのかもしれない。もちろんチップも、惜しみなく(笑)
2着しか持っていかなかったスラックスの一つに、裾かがりにほつれを発見。早速ランドリーサービスを呼んで、クリーニングついでにリペアもと、チップを渡してお願いした。下手な私の英語の為か、リペアのみで、戻ってきていた・・・う~む
えっ?酒?・・・もちろん酔わせていただきましたよ。マリオットにおいてはしっかりそんなスペースも、ひっそりと^^
街で購入するにも出向いて許可証を取得しなければならないし、またそれは、どこで買うの??状態。ホテルで飲むのが一番なのだが、パブリックスペース(レストラン)等では無理なのよ・・・残念!
もう一つ方法があるのだが・・・^^;

夢見るセブン

燃えたホテル
最後の写真を見ながら、急に思い出しました。
この間、燃えたホテルは、ここでしょうか?
自爆テロの車が突っ込んだゲートに似てますね。
残念ですね。言葉がありません。

しなびたオコゼ

このゲートみたいです
でも、ゲートで燃えているトラックの画像は見ましたが、
ホテルまでまだ40mほどあったのにね。
さらにニュース画像で印象的だったのは、
ロビーの大水槽が壊され、ロビーの床であの魚達が
棲みかを失って跳ねていた・・・画像。

夢見るセブン

やはり、オコゼ先生は
お魚に目がいくんですね

しなびたオコゼ

生き物ですからね
先生ではないですが(笑)
生き物が行き場を失っている姿は
しっかり目に付きました。

でも2年以上の前の記事に、二人して・・・
お互い古い人間でしょうか?

先日満珠園さんへ36名様をお連れさせて頂きました。
李さん廟さんにお世話になりました^^
非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索