オープニング セレモニー
2006/05/12(Fri)
オープニングセレモニー


この「ガンダーラウィーク2006」オープニングに出席する為に、前もって到着していた我々6人だが、ここで初めて7カ国の参加者と対面する、壇上にはパキスタン政府の観光省大臣も。そして昼食を含めてオリエンテーション。名詞が飛ぶように出て行く^^ 去年が始めてだったらしいが、今年は各国仏像美術関係者や旅行業者が多い。
さて街へ出てみよう、画像は首都の中でもとても綺麗で大きなストリート、ここイスラマバードは以前の首都ラワルピンディ(ラワールピンディ)から1956年に首都として移転されたもの。さすがに区画されていて、面白いことに各居住8ブロックの中心にマーケットスペースがある。だから大きな街道沿いにテンポはほとんどないのだ。もちろん国会議事堂も最高裁判所もその一角にある。だが相変わらず見るからに道路はツルツルに見える。
巨大モスク

最初にイスラマバード最大のモスクへ。靴を脱いで入れていただいたが、館内は絨毯でとにかく広い。中だけで4万人、そして外のスペースで4万人がお祈りできる。もちろん聖地メッカの方向もここでもしっかり示されてている(ほぼ西南西方向)
ビューポイントから中心街を望む

次にホテルの部屋から見えた山の中腹のビューポイント公園へ。もちろん地元の人々も多く賑わっていた。各国要人がイスラマバードへ訪れた際に植えられた木々の中を抜けて、しばし街を望んでみる。だがあまり高いポイントではなく、また植樹した木が伸びて視界を塞ぐ^^ 国としてはさらに植樹を推進する意向で、この街を見る限り緑も多い。
穏やかな警察官

その後夜景を見ながら、展望レストランへ。とにかく日中は暑い36度でも、湿度のない夜の野外はとても気持ちが良い。そして昼は熱くて外に出にくい家族連れも。警備の警官も一緒だが、さすがにピストルではなく長い銃である。男性社会といってもよいイスラム国のこの姿、初めての日本人なら少し躊躇する・・・だがそんな警戒心も彼らの気さくさになんか肩透かしを食らう。そして一般市民も、全く顔の違うアジア人を珍しそうに見るものの、決して余計なこともしなければ、カメラを向けると少し照れながらも「写してぇ」と言った雰囲気が解る。また撮ったからと言って、金品を要求することもないのだ。
オープンレストランのエントランス

そしてオープンテラスのディナーへ。シシカバブーの香ばしい香りと煙が食欲をそそる。ここもコース料理ではなく、バイキングスタイルが嬉しい。そしてもしここにビールがあれば・・・・(笑) ビールの替わりにペプシ・ミネラルウォーター・7upなどなど・・・


★★ ガンダーラ ウィーク スケジュール ★★
この記事のURL |  旅 パキスタン ガンダーラ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<パキスタン名物 | メイン | イスラマバード マリオット②>>
コメント
- 苦手なもの…^^; -
暑くとも、湿度の低い夜は過ごしやすいとの事ですが、虫とかは居ないの?
蚊とか蝿とか…?
2006/05/13 11:49  | URL | niko #Uhpbf45k[ 編集]
- ハエは・・いたよ -
v-208
でも思ったより少ないね、不思議と蚊は体験しなかったなぁ(笑) 街の中と町ではかなり違います・・・でも町でもハエはあまり気にならなかった。だから今回は、ほとんどがオープンランチにディナーといってもいいくらいなのだ。
ゴータマシッダールタも、いろんな虫たちに出会ったんだろうね。
2006/05/13 12:56  | URL | しなびたオヤジ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/59-00ee45c1

| メイン |