日本の夏
2006/08/08(Tue)
氷見海岸から立山連峰を望む

日本ジャンボリー見学へ、8/5に奥能登は珠洲まで行って来た。
氷見海岸から残雪の残る立山を望む。
下の画像はジャンボリー会場にあった、珠洲のきりこ。
能登珠洲のきりこ

夜のきりこ


翌日は合掌造りを見学へ、五箇山は菅沼集落へ。
五箇山 菅沼集落

かつてこの集落では、密かに塩硝が作られていた。
塩硝とは煙硝とも書くが、火薬、爆弾の事
山深いこの地に、大きな屋敷ほど、縁の下には必ず作られていたと言ってもいいらしい。
その材料は当然全て自然のものばかり。ひえ、わら、枯草、鶏や蚕の糞人間の小便で発酵させて作る。
ここは加賀藩へ収める、精度の高い塩硝の産地なのだ。
逆に、人知れず山奥だからこそ、求められたのかもしれない。傍には河もある。

五箇山 菅沼集落(富山)

それよりも、なんと言ってもこの合掌造りだ。
私は長野の乗鞍高原ホテルの先代社長が移築した、合掌造りに何回もとまった事がある。
それは一山をこの合掌造りの為に樹から作るという事。
わざと根に近い太い幹を曲げて、その木材を梁にする。だから宿舎は根曲がり庵という名前でもあった。

下は飛騨高山の画像
飛騨高山 上三の町(岐阜)


飛騨高山 三之町(岐阜)

画像は高山の三之町・・・俗に言う 「古い町並み」 
でもこんな映像は関西にはざらにあるのだが、関東には少ない・・・

和ろうそく 蜀台製造のお店

ここ高山にも、愛媛の内子と同じ、珍しい和ろうそくが作られていた。
全国で13箇所しかないらしい和ろうそくの製造。
蜀台も一緒に作っているのは、全国でもこのお店だけ。
この記事のURL |  旅 能登 白川郷 高山 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ご無沙汰・・・ | メイン | 神々が宿る山>>
コメント
- おお 久しぶりに日本の話題 -
よか夏休みをお過ごしのようでなにより
田舎の古民芸街道って暇に時に行くと
寂れてて風情があっていいよね
2006/08/21 12:50  | URL | 博多のオヤジっち #-[ 編集]
-  -
こりゃこりゃご無沙汰・・・・
さぼり気味で、すんまへんなぁ
まぁ、まだまだ熱いでっさかいに、ボチボチいきまっさ・・・・^^
2006/08/23 18:16  | URL | しなびたオコゼ #cm2zDcPg[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/80-bea1f3b9

| メイン |