スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月のイタリアシリーズ 街のたたずまい

11月のイタリア パライアの町01

11月のイタリア パライアの町02

11月のイタリア ピアッジョ本社

11月のイタリア ポンテ・ヴェッキオ橋
Rinoの住処はPALAIA(パライア)。フィレンツェの西南西、ピサの東南東に当たる小さな田舎町。町の画像はそんなパライアのランドマークでもある時計塔とバールの光景。

パライアとピサの間にポンテデーラという街がある。3枚目の画像はそこにあるあのべスパというスクーターで有名なピアッジョというバイクメーカーの本社。
自分で作ったモニュメントに火を着ける。彼はRinoのお友達だが、その訳のわからない作品はあくまでも趣味で創ったもの。それを「静かなる劇場」のモニュメントを創ったあの芸術家が見つけ出し、そしてピアッジョ本社に設置したのだ。
口から火を吹くモニュメント・・・その炎が示す方向が順路であるらしい。前述のパーティーは、このピアッジョ本社で開かれたもの。

そして最後にフィレンツェの風景。あのポンテベッキオ(古い橋)がこの街の中で今も息づいてる。

人と人の繋がり、人と動物の繋がり、人と自然の繋がりそれぞれが、無理なく静かに関わりあっている様が、なぜか妙に癒される

Comments - 2

borcelliのお友達

すばらしいできです!!これをリノさんが見たら、感激するでしょうね!!

2006-12-19 (Tue) 00:48 | EDIT | REPLY |   

しなびたオコゼ

ありがとうございます

Rinoはいつか見てくれるでしょう。
人と自然がゆっくりと同居している・・・そんなトスカーナ地方ですよね。

2006-12-19 (Tue) 10:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。